日帰り手術

まえだ眼科の日帰り手術

当院では白内障だけではなく、次のような様々な手術を日帰り手術として行っています。
 

  • 白内障手術:乱視矯正眼内レンズ・多焦点眼内レンズにも対応
  • 緑内障手術:流出路手術・濾過手術・緑内障インプラント手術など
  • 斜視手術:局所麻酔で手術可能な年齢の方
  • 網膜硝子体手術:網膜前膜・黄斑円孔・硝子体出血・網膜剥離など
  • 眼形成外科手術:眼瞼下垂・内反症(逆まつ毛)の手術など

 
※当院で行う手術はすべて日帰り手術です。入院手術の方が望ましいと考えられる方は適切な連携施設にご紹介します。 また、手術が終わり帰宅されてから急な症状の変化があった場合に対応するため、術後に医師の携帯電話番号をお伝えし、24時間対応ができる体制をとっています。

日帰り手術のメリット

日常生活のリズムへの影響が入院に比べて少なくなります。

家事や仕事の忙しい方、介護が必要な家族のいる方、入院生活になじめないお年寄りにも好評です。

費用が通常の入院より安くなります。
早期の社会復帰が可能となります。

 

手術にはすべて、メリット・デメリットがあります

術前に十分な説明を行い、納得してから手術を受けていただくようにお願いしておりますので、不明な点がありましたら遠慮なく質問してください
他院から手術目的にご紹介の場合は、術後落ち着いた段階で紹介元の眼科での継続診療をお願いしております
手術は県内外の眼科で多数の手術を行っている専門医が担当します。
手術担当医の手術実績

白内障手術

まえだ眼科で行う白内障手術の特徴
 

最先端の検査機器を用いて、よりよい術後視力を目指します
小切開で行うため、術後早期回復が期待できます
術後に執刀医の診察があり、安心です

 

  • 当院では最先端の前眼部三次元画像解析装置(CASIA2)を導入し、通常の白内障術前検査では検出できない 角膜後面乱視も術前に評価し、よりよい術後視力を目指しています。 
CASIA2

CASIA2

 
  • 2.5mmほどのとても小さな傷口から、濁った水晶体を超音波を使って吸い出します。その後に折りたたんだ眼内レンズを挿入します。 傷口を縫う必要はなく、手術時間は10分程度です。
  • 当院は先進医療である「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の実施施設として認定されています。多焦点眼内レンズを希望される場合は医師・スタッフにご相談ください。
  • 手術後は当院あるいは紹介元の医院での継続診療を受けていただきますが、術後必ず1回は、手術執刀医である前田征宏医師が診察いたします。

緑内障手術

まえだ眼科で行う緑内障手術の特徴
 

最新の手術を日帰りで行います
手術方法の工夫により術後の早期社会復帰が可能です
患者さん一人一人に合わせた手術を選択します

 

緑内障治療で唯一確かなものは眼圧を下げることです。

目標とする眼圧まで下げるためにまずは点眼治療を行います。しかし点眼を複数使っても眼圧が下がらない、あるいは点眼の副作用によって点眼を続けることが難しい場合は手術を行います。
以前の手術方法は線維柱帯切除術がほとんどで、手術も2-3週間の入院を必要とする大変な手術でした。しかし現在緑内障手術には様々な方法があり、患者さん一人一人に合わせて適切な手術を選択します。当院は全国的にも少ない、最新の緑内障手術を日帰りで行うことが可能な眼科です。
 

緑内障手術の種類

  • 流出路手術:眼内の水(房水)を排出する管のふた(線維柱帯)を取り除く手術です。術翌日の出血が非常に少なく、早期回復が可能です。
    各種の小切開緑内障手術も対応しています。日本で最初に認可された小切開緑内障手術のトラベクトーム手術は1.7mmの傷口から手術を行います。
  • 濾過手術:患者さんによっては流出路手術では十分な眼圧下降が達成できない場合があり、その場合はより強い眼圧下降効果が期待できる手術を行います。房水を排出する経路そのものを作り上げる手術です。術後痛みが出ないような縫合や術後極早期の低眼圧が生じないような工夫をすることで、術後早期の回復が可能となり、日帰り手術で行うことができるようになりました
術後の様子

術後

 

  • その他、従来からある線維柱帯切開術、線維柱帯切除術に加えて、エクスプレス手術、ロングチューブインプラント手術(例:バルベルトインプラント、アーメドインプラント)などがあり、患者さん一人一人に合わせて、もっともよいと考えられる方法を行います。

 
当院で緑内障を担当する前田征宏医師は、トラベクトーム手術やエクスプレスチューブ手術の日本導入に深く関り、手術トレーナーとして日本およびアメリカで多くの医師やスタッフのトレーニングを行ってきました。
また、米国留学中にはトラベクトーム手術やバルベルトインプラントの開発者であるジョージ・バルベルト医師やその門下の医師に師事し手術を学びました。 術後は先に述べたCASIA2を用いて手術部位の評価を行います。
入院治療が必要と判断した場合は、安間眼科にて前田征宏医師が執刀します。

斜視手術

まえだ眼科で行う斜視手術の特徴

 

院長は斜視・弱視治療の専門医であり、斜視手術も行っています。
開業後もクリニックや提携施設での全身麻酔での手術を継続し、学会参加も積極的に行い、最新の知識を得るよう心がけています。

 
※ 斜視弱視専門医は日本弱視斜視学会のホームページで検索できます。
斜視とは両目の視線が平行でない状態のことです。片方の目が正面を向いているときに、もう片方の目が外側や内側など他の方向を向いている目の位置の異常です。斜視の治療の一つとして手術があり、目を動かす筋肉の位置をずらすことで斜視を治療します。中学生~成人であれば局所麻酔で手術可能です。
全身麻酔を必要とする場合は、連携病院へ紹介させていただくか、連携する全身麻酔・入院に対応可能な施設で院長が手術を行います。

眼形成外科手術

当院の特徴
 

年間800例以上の眼形成手術実績を持つ、形成外科出身の眼科スペシャリストが執刀

 
眼瞼下垂や内反症といった手術を、専門医師を招いて行います。 手術日は毎月第2・第5金曜日です。手術をご希望の方は、まず院長の診察をお受けください。

網膜硝子体手術

当院の特徴
 

県内では数少ない日帰り硝子体手術が可能です
傷口が小さいため早い術後回復が可能です

 
採血で使う針よりも細い、とても小さな傷口から行う硝子体手術です。従来の大きな傷口からの手術と比べ、縫う必要もほとんどなく、術後の傷が目立ちにくく、回復が早いのが特徴です。 全身状態や合併症、あるいは網膜の病状により、入院での手術が望ましいと判断する場合は入院での手術をお勧めします。適切な連携施設にご紹介します。

当院での手術実績

2017年 年間手術件数

  まえだ眼科 執刀医の年間実績(他院での手術含む)
年間合計 345 1422 (前田征宏医師のみ)
白内障 218 967
緑内障手術 50 188
硝子体手術 4 61
その他 23 206
眼形成 49 847 (木下医師)

  • 同時手術を含みます
  • その他には 硝子体注射・翼状片手術・瞳孔形成術・濾過胞再建術が含まれます
  • レーザー手術は含みません
  • 表右側は当院で手術を担当する前田征宏医師、木下慎介医師が2017年に実施した、他院を含めた各手術の年間手術件数です(眼形成のみ木下医師、それ以外は前田征宏医師)

まえだ眼科

〒468-0020
名古屋市天白区平針南4丁目1202
TEL(052)918-2821
休診日:木曜午後・土曜午後・日祝日
 

 
9:00~12:00
14:30~17:30 ● ※

受付:診察時間の15分前から
★水曜午後は完全予約制:手術・特殊検査のみ (一般診療は行いません)
※第一金曜午後は手術のため一般診療は15:30〜17:30となります

診療カレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

案内図

 
(おおみ内科さん、さくらぎ整形外科さんの隣です)